神奈川県小田原市の腰痛治療|膝治療|むち打ち治療|スポーツ外傷|接骨・鍼灸・整体の福元鍼灸整骨院・整体院

各種お問い合わせ0465-49-1300

新着情報

小田原市 頸椎ヘルニアの治療

 

小田原市 頸椎ヘルニアの治療は手術を適用しない場合が多い

ケガや事故などによる首の直接的な損傷、日常の使い方や姿勢不良、加齢による頸椎の損傷、首を酷使するような仕事をすることによる損傷が、頸椎ヘルニアの主な原因として挙げられるものです。
特に、この中で圧倒的に原因として多いものは、日常の使い方や姿勢不良によるもので、日常生活の中で首や肩に負担がかかることにより痛みやしびれが発生してしまいます。
主な症状としては、手のしびれ・首の痛み・肩の痛み、膀胱障害、感覚異常、筋力低下、歩行障害などがあるのです。
このように症状は様々で単に首のこりや肩のこりだけで特にしびれなどがないような状態もありますし、脊髄神経に直接当たることで立つことが困難な症状もあります。
またヘルニアの出る角度で痛みが全く感じない方もいますし、直接神経に当たってしまう方もいるのです。
この中でも膀胱障害と歩行障害が見られる場合は、すぐに病院に行く必要がありますし、脊髄神経の圧迫によるものなので手術を検討するケースもあります。
筋力低下では、洗濯物を干すのが辛くなったり、パソコン作業で手を上げ続けることができなくなったり、包丁でものを切りにくくなったりするのです。
それから腕をおろすだけでも痛みやしびれを感じることもあります。

頸椎ヘルニアは、若い方が発症するというよりも、どちらかと言えば40歳~50歳の方といった中高年に多くみられる傾向があります。
その理由は、働き盛りで体に負担がかかる年齢であると共に、体の筋力が低下する年齢でもあるからです。
必ずしも該当することではありませんが、40代・50代の方は肩や首に注意する必要があって、体が示すサインを見逃さないことも大切になります。
発症の前兆としては、肩こりがある一緒に手が怠いや重たい、物が掴みにくい、手先がなんとなく痺れている感じがする、左右の手で温度差を感じるなどです。
ただ日常生活で何かあるというわけではなくて、何となくいつもと違うという程度で気付きにくいといえます。
しかし、このような前兆が見られる状態から早めに対処をすることが必要なので、全長が見られる場合や症状が改善しない場合には一度専門医に見てもらうと良いです。

先に触れたように発症する原因は様々あるので、それぞれの原因に適した治療が必要になります。
その中でも一番多い原因として日常の体の使い方や姿勢不良があるので、この原因で起こる場合の治療は、日常の使い方を変えることです。
その為には、姿勢を整えて首の位置と腕の位置を変える、立ち姿勢と座り姿勢を変える、体操ストレッチを行って首の負担を最小限に抑えるといったことが大事になります。
また腰にしても首にしてもヘルニアと聞くと、治療方法として手術をイメージする方も多いです。
しかし、先にも触れましたが膀胱障害や歩行障害が見られて日常生活に支障がある場合以外は、頸椎ヘルニアでは手術を適用しない場合が多いのです。
ですから、ほとんどの場合は手術はすることなく保存療法に頼ることになります。

 

小田原市 頸椎ヘルニアの治療なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

小田原市 スポーツ障害の離断性骨軟骨炎

子供の肘や膝に起こるスポーツ障害の離断性骨軟骨炎

膝や肘をはじめとする様々な関節は、軟骨があることによってスムーズな動きを実現しているのです。
しかしスポーツなどで同じ動作を長い間繰り返すことにより、軟骨が関節内で剥がれ落ちてしまうことがあって、この状態のことを離断性骨軟骨炎と呼びます。
野球やバスケットボールなど様々な運動で発生するスポーツ障害の一環として発症することが多いのです。
もし子供が肘や膝に違和感を訴える場合には発症している可能性も考えられるので、長期的な選手生命を考えた上では、ポジションの変更や一時的に休息させるなどの対策を講じることも必要と言えます。

発症する主な原因として考えられることは、関節の同じ部分に繰り返しストレスや外傷が加わることで、軟骨や骨に血流障害が生じることです。
それにより障害を受けた骨の一部が壊死して、骨とそこに付着する軟骨が先にも触れましたが剥がれ落ちることになります。
肘や膝など同じ部位に高頻度に強い負荷がスポーツではかかるので、この疾患もスポーツ障害の一部として位置づけることができるのです。
離断性骨軟骨炎の代表的なスポーツ障害としては、野球肘が知られています。
ただ野球をする子供の全員が野球肘を発症するわけではないですし、単に肘の使い過ぎのみが発症の原因になるわけではありません。
例えば投球フォームによる肘への負担などが原因になることもありますし、その他遺伝的な要因なども発症の原因になるとも考えられているのです。
ただし成長期の子供の軟骨は脆くて発症しやすいことには間違いありません。

肘や膝に好発しますが、初期段階には特徴的な症状はありません。
しかし関節軟骨の表面に亀裂や変性が生じると、痛みを自覚するようになりますし、その痛みが強くなるとスポーツの継続が難しくなるのです。
また軟骨が完全に剥がれてしまうと、その欠片が関節内で足場なく浮遊するようになって、それが原因で関節の曲げ伸ばしに支障が生じたり、引っかかりを自覚したりします。
離断性骨軟骨炎の治療ですが、初期段階では投球などの原因となっている運動動作を禁じることで、病巣が修復して完全に治ることもあるのです。
ただ運動の制限が、3ヶ月~6ヶ月と長くなりますし、場合によっては1年以上の長期間にわたり運動を制限することもあります。

それから病状が進行したケースにおいては、将来的な障害を残さないためにも手術を検討することがあるのです。
具体的な手術方法は、骨釘固定術と呼ばれる遊離した骨軟骨片を取り出して、生体吸収性の釘でつけて新たな骨ができるようにする方法があります。
また遊離した骨軟骨片をつけることが難しい場合には、他の部位の骨軟骨を移植して関節表面の軟骨を形成する、骨軟骨柱移植術が行われるのです。
スポーツなどを最優先に考えると重症化して、このような手術でないと治らない状況になることも考えられますし、最悪の場合には選手生命が絶たれることもあります。
ですから、できる限り早い段階で一時的に運動を禁止するなど、適切な対応を心がけることがおすすめです。

 

小田原市 スポーツ障害の離断性骨軟骨炎なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

小田原市 圧迫性坐骨神経障害

梨状筋症候群は梨状筋自体が原因の圧迫性坐骨神経障害

梨状筋症候群というのは、坐骨神経が骨盤出口部で股関節を支える筋肉の梨状筋の圧迫や刺激を、何らかの原因によって受けることで疼痛が起きている状態のことです。
腰からの神経がまとまって骨盤から臀部に出てくるところで坐骨神経となるのですが、これが梨状筋の下を走行しています。
そして、出口部分で神経が障害され坐骨神経痛や梨状筋部の痛み・圧痛などの症状を引き起こすのですが、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症と比較してとても稀な疾患です。
また、このように坐骨神経が障害される原因は、単に梨状筋だけではなくて、様々な原因が考えられます。
具体的には、梨状筋以外の筋肉・人工骨頭置換術・腫瘍・外傷などで血腫から骨ができる異所性骨化・子宮内膜症・坐骨神経への直接の外傷などです。
また運動などによる股関節の使い過ぎや、周囲の血管が坐骨神経を圧迫する血管異常なども原因になると考えられていて、こうした神経の圧迫が原因となる障害を圧迫性坐骨神経障害と呼びます。

梨状筋症候群は狭い意味で、梨状筋自体が原因になっている圧迫性坐骨神経障害といえるのですが、病院の診察では圧迫性坐骨神経障害の総称として用いられているのです。
坐骨神経痛がいろいろな病態の総称であるのと同じです。
ただ通常は、梨状筋の下にある坐骨神経が技分かれして梨状筋を貫通しているのですが、大腿が外旋されて梨状筋の緊張がないと筋間が緩むので神経の締め付けはありません。
大腿が内旋して梨状筋が伸張すると筋間で神経が締め付けられるので、痛みやしびれが生じるのです。

治療法としてはまず保存治療が実施されて、鎮痛剤や皮膚の上から梨状筋に直接局所麻酔剤を注射するブロック治療などが行われます。
また最近では、痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑えて神経の痛みの治療に用いられる神経障害性疼痛治療薬が使用されることも多くなっているのです。
それから下肢のストレッチも効果的で、このような保存治療が行われますが、梨状筋による神経の締め付けが原因の時は、梨状筋の切離術を行います。
梨状筋切離術は梨状筋の停止部で筋肉を切り離して、坐骨神経に対して影響を及ぼさない範囲まで切除するやり方です。
その他には、それぞれの坐骨神経が障害される原因に対する治療が実施されます。

先にも触れましたが頻度の少ない疾患で、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症との鑑別も難しい疾患です。
その為、坐骨神経痛・梨状筋部の痛みや圧痛・足首や足指が動きにくくなる・股関節を動かした時に臀部から大腿後面にかけて痛みが強くなるなどといった症状がみられる場合は、発症の可能性があるので一度整形外科を受診しましょう。
決して自己診断することなくかかりつけの医師に相談するように心がけることが大事です。
また予防として股関節周りのストレッチが効果的ですし、梨状筋を使いすぎている時は運動の制限も必要になってきます。
また体重増加も臀部の筋肉への負担になるので、適切な体重の維持を心がけることも予防につながるのです。

 

小田原市 圧迫性坐骨神経障害なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

小田原市 恥骨の痛み

恥骨の痛みにはリラックスが一番の薬

恥骨の痛みによって足が前に出せないというSOSを発信する女性も少なくありません。
一概には言えませんが立ち姿の美しいキャビンアテンダントやアナウンサー、バレエをされている方などに、発症している人が多いとも言われています。
実は、このトラブルはつま先を開きお尻の筋肉をキュッと締めて立っている人がなりやすいのです。

また妊娠すると赤ちゃんの産道を確保するために、リラキシンというホルモンが微量ずつ分泌されて、骨盤を固定している靭帯を緩ませていきます。
その作用によって赤ちゃんは骨盤をスムーズに通過することができるわけですが、内側から押し広げられた産後の骨盤はグラグラの状態になるのです。
この緩んだ状態は縮む力も働いて少しずつ元の状態に戻るので、産後に何のトラブルにも見舞われない人もいます。
しかしグラグラ骨盤の状態で赤ちゃんのお世話がスタートして、授乳・お風呂・抱っこ・おむつ替えなどで無理な姿勢が続くことも少なくないのです。
それにより恥骨部に負担がかかって、結果として恥骨の痛みが出るケースもあります。
こうした恥骨部痛が悪化すると育児はもちろんのこと、歩行困難から日常生活に支障をきたしてしまう可能性もあるので、悪化しないうちにケアをしてあげることが大切です。

ケアとしては、まず何気なく体を使っている日常の動きから注意することが大切で、特に片足に重心がのることで恥骨部への負担を助長するので注意が必要となります。
また症状がある時期は歩く時に小股にして、極力片足への加重を減らすように心がけることも必要なことです。
それから掃除機をかけるときも要注意で、片足に体重をかけずに両足を開いて、掃除機を両手で持って使用するようにしましょう。
最初は難しくかじることもありますが慣れれば難しくありませんし、腹筋も鍛えられるので一石二鳥の効果が得られるのです。
あと自転車の乗り降りで痛みを発症するケースも少なくないので、勢いよく乗ったり降りたりしないで、心もちゆっくりと慎重に動作をするようにしましょう。

恥骨の痛みを訴える女性に共通していることは、内ももの筋肉の内転筋群がこわばっていることで、この内転筋群は張りやすくて日常生活ではなかなかほぐれにくいのです。
ですから、ここをほぐしたり温めたりしてほぐしてあげるだけでも痛みが軽減されることもあります。
その為の方法としては、お風呂に入りながらひざに近い内もも部分を、自分の体重を乗せるように腕でじっくり揉みほぐすのです。
これによりこわばりが解消すると痛みも幾分和らぎますが、こわばりの強い人はゴリゴリして痛いので無理をしないようにすることも大切です。
それからどんな痛みにも共通することですが、痛みにはリラックスが一番の薬になることで、入浴中はチャンスタイムになります。
育児中は待ったなしなのでなかなかリラックスすることは難しいでしょうが、自分の体を知るためにもリラックスするひとときを作るように心がけることです。

 

小田原市 恥骨の痛みなら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

小田原市 弾発指

ばね現象でスムーズに指が動かない弾発指

指の屈筋腱は前腕の筋肉が生み出す手を握るなどの強い力を指先まで伝達するといった役割をしていて、その屈筋腱によって指の曲げ伸ばしができるのです。
また屈筋腱は、滑膜性腱鞘という内にあるわずかな骨液で腱の動きをスムーズにするものに覆われています。
この靭帯性腱鞘は、屈筋腱の浮き上がりを押さえる役割もあって、指の腹側にありトンネルのような構造で屈筋腱を通しているのです。
通常時は、このように腱が滑膜性腱鞘に覆われていることによって、靭帯性腱鞘のトンネルの中を摩擦なく通ることができて指の動きがスムーズになります。

しかし指を酷使することにより靭帯性腱鞘の部分の摩擦が強くなると炎症が発生して、その炎症により腱鞘が肥厚したり腱が肥大したりするのです。
このように腱鞘や腱が肥厚・肥大した状態で指の曲げ伸ばしをすると、お互いが引っかかるようになってしまいスムーズに通過できなくなります。
また通過障害が起こることで悪循環が起こってより症状が悪化するのです。
弾発指とは腱鞘炎が進行して起こるばね現象のことで、指を曲げたあとに伸ばそうとするスムーズに動かなくて、カクカクしたりばねが弾けるように伸びたりします。

弾発指は更年期の女性に多く見られますし、妊娠時・出産後の女性にも生じることがあって、ホルモンバランスの崩れが要因と考えられているのです。
また、仕事・家事・スポーツで手を酷使する方にも多く見られますし、糖尿病や透析患者にもよく発生します。
先にも触れましたが指の付け根付近の靭帯性腱鞘とその中を通過する屈筋腱は炎症を起こしやすくて、指を酷使するとその負荷により炎症が起こって腱鞘炎になるのです。
それにより指を伸ばす時にカクカクして動きがスムーズでなくなりますし、痛みや腫れ・熱感を生じてしまいます。
特に、朝方に症状が強く出ることがあって、さらに引っかかっている部分が腱鞘を通過して開放されるとばね現象を生じるようになるのです。
そして症状が進行して重症になると、指が曲がったままになってしまい反対の手で戻さないと伸びなくなります。
ちなみに、指の付け根の腫れ・圧痛がある、指の曲げ伸ばしの際にばね現象があるなどの症状が見られる場合には弾発指と診断できますが、さらに超音波検査で腱鞘の肥厚や腱の引っ掛かりを確認するのです。

治療については、症状が初期か軽度の場合は保存的療法で経過を観察しながら治療を行います。
具体的には、患部を安静にする装具での固定療法や非ステロイド系抗炎症剤を服用する薬物療法などを行い経過観察するのです。
また痛みや腫れがより強い場合には、腱鞘内にステロイド剤を1回だけ注射することもあります。
それから、保存療法で効果が得られない場合や診断時点で指が伸ばせないなどの重症の方、仕事や日常生活に支障がある方については手術療法を選択します。
手術の方法は、手のひらをできる限り小さく切開して靭帯性腱鞘を切離する小皮切直視下腱鞘切開術が行われて、それにより患者へのダメージを最小限に抑えることができるのです。

 

小田原市 弾発指なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

Fukumoto Group採用情報