神奈川県小田原市の腰痛治療|膝治療|むち打ち治療|スポーツ外傷|接骨・鍼灸・整体の福元鍼灸整骨院・整体院

各種お問い合わせ0465-49-1300

小田原市 起立性調節障害の典型的な症状

【子供がなりやすい起立性調節障害】
起立性調節障害というのは、自律神経系の異常であり循環器系の調節が上手くいかなくなってしまう疾患です。
立ち上がった時に血圧が低下したり脈拍が上がることで、調節に時間がかかることで様々な弊害が起きてしまいます。
精神的なことや環境的要素が影響して、起こること大半といわれています。
自律神経が不安定になってしまうことが多く、体に変化が出てくる小学生高学年や中学生に多く見られます。
この年代は体の様々な機能が大人へと変化していく時期であり、いわゆる思春期に起きる症状といえます。
また、ストレスを溜めやすい、真面目で気を使うタイプにも多いといわれています。
精神的な病気なのですが、本人が頑張ればどうにか緩和出来る病気ではなく、あくまでも体の病気です。

起立性調節障害の症状は、全てを疾患として扱う必要はないといわれています。
生活に支障をきたすほどの症状が出ている場合は、疾患として扱います。
その場合は、診察を受けて改善していく必要があります。
起立性調節障害の典型的な症状は、以下が挙げられます。

・立ちくらみ
・疲れやすい
・長時間立っていることがむずかしい
・朝起きられない
・立ちあがった時に失神してしまう
・入浴時に気分が悪くなる
・動悸や息切れになりやすい
・午前中調子が良くない
・顔が青白い
・食欲不振
・腹痛になることが多い
・倦怠感がある
・頭痛になることが多い
・乗り物酔いになることが多い

これらの症状が起こることで、不登校になってしまう子供も少なくありません。
起立性調節障害の、2/3が不登校といわれており、不登校の子供の約半分が起立性調節障害を起こしていたというデータもあります。

起立性調節障害の診察は、血液検査や画像検査などを行って、他の疾患ではないことを確認します。
そのため、起立性調節障害かと思っていたら他の病気が見つかることもあります。
起立性調節障害の疑いが考えられる場合は、新起立試験を行います。
血圧回復にかかる時間や起立前後の血圧や脈拍を測り、起立性調節障害を見極めます。
【起立性調節障害改善ポイント】
起立性調節障害は、緩和出来るケアがあります。
お薬を飲まなくても症状緩和が出来るので、是非実践してみましょう。

・水と塩分を摂取する
起立性調節障害の子は、血液量が少ないのが特徴です。
循環している血液の量を増やすために、水分と塩分を摂取しましょう。
食事以外に、水2リットル、塩分10gを取るのが目安です。
朝起きることができない子供は水分や塩分が不足しているので、意識的に摂取するようにしましょう。

・日中横になるクセを付けない
起立性調節障害の子供は日中横になるクセがある子が多く、起立しにくい悪循環を生んでしまいます。
日中は体を横にしないようにし、座ったり立つことを心がけましょう。
どうしても横になりたい場合は、上半身を高くするように寝ると良いでしょう。

・ストレスをコントロールする
起立性調節障害は自律神経系の病気であり、自律神経系というのは心の影響を物凄く受けやすい傾向があります。
そのため、ストレスを持っているということは、症状の悪化の原因となってしまいます。
極力ストレスを溜めこまないように工夫をし、心の負担を少なくしましょう。

いかがでしたでしょうか。
子供が起立性調節障害になってしまうと、親としては不安ですよね。
このような改善ポイントで調節をし、起立性調節障害になりにくい状態へとみちびくようにしましょう。

 

小田原市 起立性調節障害の典型的な症状なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

 

小田原市 ジャンパー膝の炎症

【ジャンパー膝とは】
ジャンパー膝というのは、ヒザの曲げ伸ばしをするたびにヒザのお皿が痛む症状です。
ジャンプを繰り返すスポーツをしている人に多い症状であり、バスケットやバレーボールなどのスポーツをやっている人に多くあります。
ジャンパー膝には、以下の3つの種類があります。

・膝蓋腱炎
膝蓋腱そのものが痛む症状であり、中でも膝蓋腱とお皿の付着部分での痛みが多くあります。

・膝蓋下脂肪体炎
膝蓋腱が固くなることで膝蓋腱の動きが悪くなり、脂肪体の前方異動が不十分となってしまい痛みが発生してしまいます。
膝の下が痛む場合は、この症状です。

・膝蓋腱深層部分断裂
膝蓋腱が部分的に断裂してしまう症状であり、治療に非常に時間がかかってしまいます。
症状が改善されても、押しての痛みは残ってしまいます。
この症状はあまり起きない症状なので、この症状が起きてしまった場合は要注意です。

ジャンパー膝になってしまう原因は、膝蓋周りに大きな負担がかかることで発生してしまいます。
膝蓋部分に負担がかかることで小さな傷が出来てしまい、炎症が起きてしまうのです。
【ジャンパー膝改善方法】
ジャンパー膝になる人の多くは、太ももの前側に負担がかかる姿勢になっている人が多くいます。
ジャンパー膝の人は背中が丸く、骨盤が後傾状態になっている場合が多くあります。
骨盤が後傾状態になることで太ももの前側に負担がかかり、筋肉が固くなりやすくなってしまいます。
この状態が膝蓋部分に負担をかけており、ジャンパー膝としてしまうのです。
これらを改善させるためには、以下のケアがオススメとなります。

・骨盤の調整
骨盤の後傾状態を調整して、膝蓋に負担を掛けない方法です。
姿勢を良くするクセを付けて、骨盤の後傾状態を緩和させましょう。
また、整骨院で治療を受けると、スムーズに骨盤の後傾状態を緩和させることができます。

・股関節の動きを整える
ジャンパー膝になってしまう人に多いのが、股関節を上手く使えていない人です。
ジャンプをする時は股関節や膝関節、足首が連動することで理想的な動きをします。
股関節の動きが良くないことで骨盤が後傾状態となってしまうので、骨盤の動きを整えることはとても重要です。
股関節に負担を掛けるような動きをせず、整骨院や接骨院でケアをしてもらうのも良いでしょう。

・電気治療
電気治療を受けることで、ジャンパー膝の炎症を抑えたり鎮痛効果を発揮し、筋肉を緩めることができます。
ジャンパー膝に関わる太ももまわりの筋肉に行うと、大きな効果を発揮してくれます。
患部の回復を早め、早いスポーツ復帰の手助けをしてくれます。

・腸温パン治療
超音波治療を行うことで、患部を温めて回復促進へとみちびくことができます。
深い部分の筋肉まで緩めることができるので、保存治療の中では1番効果的な方法といえます。

いかがでしたでしょうか。
ジャンパー膝は、軽度の場合は手術をせずに緩和させることができます。
痛みがあるのに我慢せず、出来る治療方法で楽になりましょう。

 

小田原市 ジャンパー膝の炎症なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

小田原市 バイクの事故治療費の支払いポイント

【バイクの事故治療費の支払いポイント】
バイクでの事故治療は、病院での治療費の負担はどのような感じになるのでしょうか。

バイク事故で被害者の場合は、加害者の保険会社に請求して治療費を支払ってもらえます。
この場合、加害者の保険会社に交通事故で病院で治療を受ける旨を伝えます。
過失割合が自分の方にある場合でも、お互いの保険会社の方で話し合って決めてくれるので、まずは保険会社に相談をしましょう。
そして、前もって保険会社からかかる病院に連絡をしてもらうことで、病院でスムーズに事故扱いでの治療を受けることができます。
保険会社から病院に連絡をしてもらうと、病院の受付で把握をしているので、名前と交通事故での治療を受けるというだけで加害者の保険で治療を受けることができます。
これがベストな流れなのですが、保険会社によっては前もって病院に連絡してくれない場合もあります。
この場合、病院の受付で「交通事故での被害者のため、治療費を加害者の保険会社に直接請求してほしい」と伝えなくてはいけません。
その際、病院によっては面倒に重い、対応してくれない場合もあるようです。
そのため、病院に行く前に必ず保険会社に病院に連絡をしてくように頼んでおくと、非常にスムーズに進みます。
もし、被害者側が治療費を立て替えて支払わないといけない場合は、領収書を必ず保管しておきましょう。
領収書がない場合は、後日治療費を支払ってもらえない場合があります。
また、交通事故は割引が効かないので、10割負担となってしまいます。
レントゲンなど様々な検査を受けるので、その治療費は膨大となってしまいます。
安易に立て替え払いはせず、なるべく保険で支払うようにしましょう。

単独のバイク事故の場合は、自分の保険会社に請求して治療費を賄います。
自分の保険会社に連絡をして、病院で治療を受けることを伝えて病院に一報入れてもらうようにしましょう。
【バイクの事故治療費は整骨院などの治療費も支払ってもらえる】
バイクの事故治療費用は、整骨院や接骨院などの病院ではない場所での治療費も保険支払いの対象となります。
ただし、接骨院や整骨院での治療は部位数が限られたり正式な診察とみなされないこともあるようです。
どの部分まで保険で負担できる治療なのか、あらかじめ保険会社に相談をしてみると良いでしょう。
バイクの場合は車と違って車体に守られていないので、いざ事故にあってしまった場合は整形外科よりも整骨院や接骨院での診察の方が適している場合もあります。
整形外科に通っていて全然症状が治まらない場合でも、整骨院や接骨院で治療を受けて緩和したという声も挙がっています。
症状が緩和されず辛いと思ったら、接骨院や整骨院で療法士に相談をしてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
バイクの事故治療は、車とは違い戸惑ってしまう人もいると思います。
考え方としては、車と同じです。
きちんと保険で治療費を賄ってもらい、持ち出しが無いようにしましょう。

 

小田原市 バイクの事故治療費の支払いポイントなら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

小田原市 ストレートネックの症状

【ストレートネックの症状】
ストレートネックは、年々増え続けている症状のうちの1つです。
近年はスマホやタブレット、パソコンを使う人が多くなり、ストレートネックとなる原因部分に大きな負担をかけている人が非常に多くいます。
特に、若い人に多く出る症状です。

首というのは、自然なS字を描いているのが通常なのです。
しかし、ストレートネックは自然な曲がりがないもしくは曲がりが浅い状態です。
首に自然なS字が描かれている理由は、頭の重さを上手く支えるためです。
S字になっていることでクッション状態となり、重い頭の重さを上手く分散させています。
ストレートネックになってしまうと頭の重さを直に受けてしまうので、首に大きな負担がかかってしまい、体に様々な影響を与えてしまいます。

ストレートネックになると、以下のような症状が出てしまいまし。

・手のしびれ
・頭痛
・首の痛み
・肩こり
・めまい
・吐き気
・自律神経失調症

これらの症状が出ている場合は、ストレートネックの疑いがあります。

ストレートネックの主な原因は、悪い姿勢が挙げられます。
悪い姿勢になってしまう原因は、スマホやタブレット、パソコン作業での姿勢の悪さが主な原因です。
これらの作業の場合は、首を下向きにした姿勢とんってしまいます。
首を傾ける角度というのは、角度が増せば増すほど首に大きな負担がかかってしまいます。
その状態を長時間行っていると、首の筋肉に過剰な緊張状態を与えてしまい、首のカーブが失われてしまいストレートネックとなってしまいます。
これらの症状が出てしまうのはスマホなどの作業だけではなく、スポーツでも起きてしまうことがあります。
柔道やレスリング、スキー、スノーボードなども、首に多くな負担がかかるのでストレートネックになりやすい傾向があります。
【ストレートネックの改善方法】
ストレートネックの改善方法は、首の姿勢を改善したり筋肉のもみほぐしが大事となります。
以下の改善方法で、症状をやわらげましょう。

・姿勢を直す
姿勢の悪さは、ストレートネックを助長してしまいます。
スマホなどの作業の際は、なるべく頭を下げないようしましょう。
正面を向きながら行い、姿勢を正しながら使うようにしてみましょう。
また、椅子や机の高さも見直して、自然な高さで作業できるようにするとよいですよ。
デスクワークが多い人は、特に気にして過ごしてみると良いでしょう。

・ストレッチで筋肉をほぐす
首の凝り固まってしまった筋肉のストレッチを行い、首回りの筋肉も鍛えましょう。
姿勢を正して座り、首を前後左右に動かします。
凝り固まった首の筋肉が柔らかくなりますので、オススメです。

いかがでしたでしょうか。
ストレートネックは、現代においてとても多くなっている症状です。
手のしびれや首回りに違和感が出る場合は、姿勢を見直してマッサージをしてみましょう。
それでも違和感に思える場合は、専門医に相談してみると良いですよ。

 

小田原市 ストレートネックの症状なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

 

小田原市 交通事故の治療

【接骨院の自賠責治療のためには先に病院へ】
軽い交通事故であっても、後から首が痛くなるなどの症状が出てしまうことがあります。
交通事故に巻き込まれてしまった場合は、軽度な症状でも必ず病院に行くことがとても大事となります。
内臓的に気になる部分が無ければ、整形外科を受診しましょう。
創業病院に行くと、「受付で交通事故で治療を受けたい」と話すことで、適切な受信先に案内してもらえます。
その後、接骨院や整骨院に通いたい場合は通うといいでしょう。

どうせ接骨院や整骨院に通って治療を受けるのだから、病院なんて行かず接骨院や整骨院に通いたいと思う人もいると思います。
しかし、交通事故での治療は接骨院や整骨院だけではいけません。
その理由は、診断書が必要となることがあるからです。

治療費を自賠責治療としたい場合は、診断書が必要となります。
この診断書は、病院の医師しか作成することができません。
接骨院や整骨院の療法士では、診断書を作成することができないのです。
接骨院の自賠責治療を受けたい場合は、最初に病院で診察を受けて診断書を作ってもらえる環境を作っておかなくてはいけません。
【最初に接骨院や整骨院に行ったらダメなのか】
接骨院の自賠責治療を受けるためには、病院で診察を受けて診断書を出してもらわないということはわかったと思います。
それでは、最初に接骨院や整骨院で治療を受けてから病院に行ったらダメなのでしょうか。

交通事故というのは、交通事故の直後に当事者がケガをしている場合に人身事故扱いとなります。
治療費というのは、人身事故扱いにならないと自賠責保険から治療費を出すことはできません。
警察に早く診断書を提出しないと物損事故扱いとなってしまい、人身事故扱いにならずに賠償を受けることができない場合があります。
そのため、診断書の警察への提出が遅くなってしまうと、そのケガの交通事故との因果関係を疑われてしまうことがあります。
場合によっては、人身事故として受け付けてくれず、接骨院の自賠責治療を受けることができなくなってしまうことがあります。
警察に診断書を出すタイミングは、交通事故後2~3日がベストといわれています。
そのため、先に接骨院や整骨院を受診してから後に病院で診察を受けることは、望ましくないといえます。
最初に病院へ出向いて診察を受けて、診断書を早めに受け取ることが大事となります。

診断書の有無もそうですが、最初に病院に行ってほしいことには理由があります。
それは、ケガの状態を適切に突き止めることが大事だからです。
接骨院や整骨院の場合、骨折などの状態はエコーでしか判断できません。
奥の見えない部分に骨折などの障害が起きていても、接骨院や整骨院では見つけることができないのです。
まずは病院で適切な状態の診察をしてもらい、どのような状態なのかを把握した後、接骨院や整骨院で治療を受けるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
整骨院や接骨院の自賠責治療を受ける場合は、最初に病院を受診して検査を受け診断書を作ってもらうことが大事となります。
この部分が欠けてしまい、後に整骨院や接骨院の自賠責治療を受けることができなかったというケースは、少なくありません。
交通事故の治療は保険がかかりませんので、膨大な治療費となってしまいます。
必ず診断書を作ってもらい、安心して受けることができる整骨院や接骨院の自賠責治療としましょう。

 

小田原市 交通事故の治療なら、「福元鍼灸整骨院」にお任せください。

 

Fukumoto Group採用情報